ビタミンC誘導体はスキンケアに効果あり

ビタミンC誘導体には様々な効果があります。特にビタミンC誘導体の優れた効果は、活性酸素を除去する能力です。ビタミンC誘導体の活性酸素除去効果は、ニキビを治癒するほど強力です。また、ビタミンC誘導体はコラーゲンの生産能力向上させる効果があり、今まで外科手術で治していたやけど跡のケロイド治療が、ビタミンC誘導体を塗るだけで治ってしまいます。また、敏感肌であるとサンスクリーン剤でかぶれてしまうので、紫外線防御をしたくてもできず、紫外線に対して無防備となりがちですが、ビタミンC誘導体を肌に塗っておけば紫外線のダメージを最小限に抑えられると考えられます。

ビタミンC誘導体は数々の種類が作りだされましたが、現在では主に3種類のビタミンC誘導体が使われています。

●リン酸アスコビルマグネシウム

最も歴史がある水溶性のビタミンC誘導体です。このビタミンC誘導体は、生物がもつ脱リン酸酵素によりビタミンCのリン酸エステルからビタミンCに変換されます。リン酸エステルというのは生物学的に非常に重要で、人間の体内にもこの脱リン酸酵素は大量に生産されています。単にビタミンCのサプリメントを飲んでも、体内に存在する細胞へ万遍なく行渡るだけで、なかなかしみや瘢痕部分等本当に必要としている細胞へいきません。しかし、ビタミンC誘導体を必要とする部分の皮膚へ塗ることで、ビタミンC誘導体が皮膚内へ浸透し、細胞表面に存在する酵素によりビタミンCに変換され細胞に取りこまれていきます。

●テトライソパルミチン酸アスコビル(テトラヘキシルデカン酸アスコビル)

最新型の油溶性のビタミンC誘導体です。経皮吸収の向上を目指してドラッグデザインされ作られたビタミンC誘導体です。このビタミンC誘導体は持続的に皮膚内へ浸透していき、エステラーゼという皮膚内の酵素によりイソパルミチン酸が切断されビタミンCに変換されます。このビタミンC誘導体自体は天然には存在しませんが、皮膚内の酵素によりビタミンCとイソパルミチン酸という両方ともヒトの皮膚上に存在する物質に変換されます。

●アスコルビン酸グルコシド

ビタミンCに糖がくっついたタイプのビタミンC誘導体でねずみの体内でも合成されています。しかし、人間の皮膚には糖を外す酵素がほとんどないためにビタミンCに変換されにくいという欠点があります。一部の化粧品メーカーは好んでこのビタミンC誘導体を使いますが、あまり期待できないビタミンC誘導体かもしれません。

●リン酸アスコビルアミノプロピル

リン酸基にモノプロパノールアミンがエステル結合した化学構造で、自然界には存在しないビタミンC誘導体です。また、医薬部外品成分でないため、美白などの効能効果をうたうことはできません。

2001年4月より化粧品の自由化が行われ、一部の化粧品原料を除いて化粧品への配合量の規制が撤廃されました。その結果、今まで2%以下であったビタミンC誘導体(アスコビルリン酸エステルマグネシウム)の配合規制がなくなり、5%や10%といったビタミンC誘導体高濃度配合品が販売されるようになりました。ビタミンC誘導体というのは刺激があるために、濃度が高ければそれだけ効果があるかというとそういうわけではありません。むしろ、ビタミンC誘導体の刺激のために使えなかったりします。ビタミンC誘導体が濃度が高いからといって決してよいものだとは限りません。

2007.06.11.08:08 | Permalink | Track Backs (0) |

Track Back URL: